編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

エフセキュア、マネージド検知/対応サービスを国内で提供開始

NO BUDGET

2019-06-27 10:46

 エフセキュアは、同社のフラッグシップサービスとなるマネージド型脅威検知/対応(MDR)サービス「F-Secure Countercept」の国内提供を開始した。同サービスは、最新テクノロジーと熟練したスレットハンティング、インシデントレスポンスのチームとの組合せによる、包括的なリアルタイム型のサービスという。

 対象脅威は、自動攻撃ではなく直接のハンズオンキーボード攻撃を行うサイバー攻撃者(国家から支援を受けるハッカー、サイバー犯罪者グループ、ハクティビストなど)で、主に金融/エネルギー/社会インフラなどの業界の企業を防御する。スレットハンティングのチームは攻撃者の考え方を熟知しており、攻撃者の次の動きを予測し異常な行動を探り、データサイエンティストのようなハンティング、専門家としての対応とマルウェアの分析/リバース、またAPT(持続的標的型サイバー攻撃)のような攻撃の検出/対応/封じ込めを実施する。

 またF-Secure Counterceptプラットフォームを利用して、エフセキュア社内外の幅広いセキュリティコミュニティーからの情報を取り込み、エンドポイント/ログ/センサー/Office 365など、ユーザーの組織全体から豊富なデータを継続的に収集および分析を行う。

防御の仕組み
防御の仕組み

 エフセキュアは、攻撃を検出するソリューションは、セキュリティー市場で多数提供されているが、サイバー攻撃の最中に攻撃をスローダウンさせたり遮断させたりすることにおいては、それだけではあまり有効とはいえないとし、実際に攻撃を阻止するためには、単に優れた検出機能だけでなく、高度なテクノロジーと熟練スレットハンターの組合せが必要だとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]