ハイパーコンバージド、仮想化環境の標準的な選択肢に--2023までは18%成長

藤代格 (編集部)

2019-07-09 07:15

 IDC Japanは7月8日、2018~2023年の国内ハイパーコンバージドシステム(HCI)市場予測を発表した。2018年の支出額は前年比成長率93.9%の305億2000万円。仮想デスクトップ基盤(VDI)、サーバー仮想化の際の標準的なITインフラと位置づけられ、年間を通して幅広い産業分野の大手企業へ導入。急成長が継続しているという。

 2018~2023年の年平均成長率(Compound Annual Growth Rate:CAGR)を18.1%、2023年には700億7800万円になると予測。俊敏性や柔軟性の向上、マルチクラウドでのITインフラ管理の統合、ハイブリッドクラウドの実現などをもたらし、短期的には仮想化環境における課題解決、中長期的にはデジタルトランスフォーメーション(DX)やDXによって創出される次世代ワークロードへ対応するITインフラとして普及するという。

 IDC Japanでエンタープライズインフラストラクチャのシニアマーケットアナリストを務める宝出幸久氏は、「国内HCI市場は急成長が続いている。今後も仮想化環境の課題を解決するインフラストラクチャとしての需要を中心に普及する。中長期的にはDXによって創出される次世代ワークロードへの対応、ハイブリッドクラウドの実現など、ITインフラ変革を進める上でますます重要な役割を果たす」とコメントしている。

国内HCI市場予測、2018~2023年(出典:IDC Japan)
国内HCI市場予測、2018~2023年(出典:IDC Japan)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]