「Linux」インストール用に起動可能なUSBドライブを作成するには

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-03-23 07:45

 「Linux」は市場で最も使いやすいOSの1つに進化した。GUIは(概ね)非常に巧みに設計されているため、誰でも使用できる。コマンドを使わなければならないことを恐れている人もいるかもしれないが、そんな時代はとうの昔に終わっている。

 確かに、Linuxに備わっている本来の機能を最大限に活用したいのなら、コマンドラインを利用しても構わないが、それは必須ではない。この点が重要だ。

 しかし、Linuxデスクトップがどれほど使いやすくなったとしても、初心者に使用をためらわせる要因が1つある。それはインストールだ。現代のLinuxインストーラーは非常に扱いやすいということを覚えておいてほしい。実際に、数回クリックするだけで、Linuxをインストールして、使用準備を整えることが可能だ。ただし、クリックしてLinuxを導入する前に、起動可能なUSBドライブを作成する必要がある。

 起動可能なUSBドライブを作成する作業も簡単なので、心配は無用だ。以下でその手順を紹介する。

起動可能なUSBドライブを作成する

必要なもの

 起動可能なUSBドライブを作成するには、以下のものが必要だ。

  • 使用したいディストリビューションのISOイメージ。
  • USB端子を備えたマシン。
  • 16GB以上の空き容量があるUSBフラッシュドライブ。
  • 起動可能なドライブの作成に使用するソフトウェア。

 起動可能なUSBドライブの作成に使用できるツールはかなりたくさんある、ということを覚えておいてほしい。使用しているOSは人によって異なるので、ここでは、Linux、「macOS」、および「Windows」で利用可能なソフトウェアを使って、手順を説明する。そのソフトウェアは「UNetbootin」だ。UNetbootinは、実行可能ファイルをデスクトップにダウンロードして実行するだけで、簡単にインストールできる(macOSとWindowsの両方で、ほとんどのアプリケーションと同じようにインストールされる)。

 ISOイメージに関しては、筆者が大好きな5つのディストリビューションのダウンロードリンクを以下に掲載しておく。

 必要なものは、以上である。それでは、実際の作業に移ろう。

1. USBドライブを挿入する

 最初に、UNetbootinをインストールしたコンピューターにUSBドライブを挿入する。ドライブを挿入したら、システムに認識されていることを確認して、そのドライブの名前をメモしておく。

2. UNetbootinを起動する

 コンピューターのデスクトップメニューから、UNetbootinアプリケーションをクリックして起動する。

3. ディストリビューションを選択する

 2つの選択肢がある。ダウンロードしたディストリビューションのISOイメージを使用するか、あるいは、UNetbootinのウィンドウで、事前に用意されたディストリビューションリストから選択することが可能だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]