Linuxノウハウ

「Linux」でウェブサイトをアプリとして実行するには--「Webapp Manager」を使用

Jack Wallen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-12-01 07:45

 私たちの作業のほとんどは、ウェブブラウザー内で実行される。しかし、だからといって、使用するそれぞれのページを個別のタブとして実行することが最善の方法であるわけではない。筆者のように、タブの数が非常に多くなってしまう人もいるはずだ。堅実なタブ管理機能(例えば、最高のタブマネージャーである「Opera」の「ワークスペース」)を備えたブラウザーを使用していない人は、すぐにそれらのタブに圧倒されてしまうかもしれない。

 そうした問題があるため、筆者は特定のウェブサイトをウェブアプリとして開くようにしている。これは、どういう意味なのだろうか。簡単に説明すると、対象のサイトをデスクトップメニューから直接起動して、独自のウィンドウで使用できるようにする、ということだ(タブやメニューといったウェブブラウザーの要素は全く表示されない)。

 これは、「Chrome」ブラウザーを使用している人にとっては、おなじみの手法かもしれない。同ブラウザーでは、「Menu」(Google Chromeの設定)>「More Tools」(その他のツール)>「Create shortcut」(ショートカットを作成)と進んで、サイトのショートカットを作成し、それを独自のウィンドウとして開くことができるからだ。「Firefox」など、ほかのブラウザーには、このような機能は搭載されていない。

 そのため、どんなブラウザーを使っていても、あらゆるサイトをウェブアプリに変換することができるサードパーティーのソフトウェアが必要になる。「Linux」では、そのアプリは「Webapp Manager」と呼ばれる。このアプリケーションは、「Linux Mint」にインストールされている多くのアプリケーションの1つだが、「Ubuntu」ベースのディストリビューションに追加することも可能だ。

 本記事では、Webapp Managerをインストールして、簡単にサイトをウェブアプリに変換する手順を紹介する。

Linuxで簡単にウェブサイトをアプリとして実行する方法

必要なもの

 必要なのは、UbuntuベースのLinuxディストリビューションの実行中のインスタンスとsudo権限を持つユーザーだけだ。それ以外のものは不要だ。それでは、デスクトップにサイトのショートカットを作成してみよう。

Webapp Managerをインストールする

1. debファイルをダウンロードする

 ウェブブラウザーを開いて、Webapp Managerのダウンロードページにアクセスし、最新リリース(本稿執筆時点では、1.2.5)のdeb版をダウンロードする。

2. Webapp Managerをインストールする

 ターミナルウィンドウを開いて、以下のコマンドでWebapp Managerをインストールする。

sudo dpkg ~/Downloads/webapp_manager*.deb

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]