GPSで現在地をリアルタイムに把握--緊急出動でも効率的に割り当て

藤代格 (編集部)

2019-09-25 07:15

 防犯対策や設備メンテナンスなどの法人向けの警備、管理業を中心事業とする東洋テック姫路(兵庫県姫路市、単体従業員数95人)は、スマホを活用するSaaS型の顧客関係管理システム(CRM)/営業支援システム(SFA)「Cyzen」を導入。顧客への駆けつけ時間短縮、個人情報紛失リスクの低減などの効果があるという。9月24日、開発、提供するレッドフォックス(千代田区)が発表した。

 GPSを活用し、従業員の現在地をリアルタイムに自動捕捉。休憩、巡回、移動などの業務ステータス報告とあわせ、場所と勤務状態の可視化につながっているという。業務の一つとなる緊急出動時が必要となった際、“現場に近く、対応可能な従業員”の即座な把握、割り当てが可能。対応スピードが向上したとしている。

 報告書などの活動報告もCyzenに集約。履歴を一元的に閲覧でき、詳細な行動履歴分析ができているという。顧客情報も登録し、個人情報付き資料の持ち歩きによる紛失リスクも軽減したとしている。

 タブレットを活用する業務の開始にあわせて活用開始。同様に警備、管理事業を手がけるグループ本社の東洋テック(大阪市浪速区、連結従業員数1432人)で実績があり、使用イメージをもって導入できたとしている。

 Cyzenは、スケジュールやチャット、交通費や勤怠管理といった機能を持つ、営業活動向けのSaaS。従業員の行動や顧客情報を地図上で記録、管理できるという。

ざまざまな情報を地図上で管理できるという(出典:cyzen)
ざまざまな情報を地図上で管理できるという(出典:cyzen)

 10ユーザーあたり税別年額使用料18万円のシルバープラン、26万4000円のゴールドプラン、48万円のプラチナプランを用意している。提供は10ライセンスからで、別途初期登録料として15万円。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]