編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

Cloudflareと「Chrome Canary」がHTTP/3に対応--「Firefox」も間もなく

Catalin Cimpanu (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ) 編集部

2019-09-27 10:58

 HTTPプロトコルの次期メジャーバージョンであるHTTP/3は米国時間9月26日、大きな後押しを受けた。CDN大手のCloudflareとGoogleの「Chrome Canary」が対応し、Mozillaの「Firefox」も近く対応するためだ。

HTTP/3のロゴ

 Cloudflareは26日より、ダッシュボードでオプションを有効にすることで、顧客は自分のドメインをHTTP/3に対応させられるようになると発表した。

 これはつまり、ユーザーがHTTP/3に対応したクライアントからCloudflareがホスティングしているウェブサイトを訪問すると、接続は旧バージョンのHTTPで処理されるのではなく、自動的にHTTP/3にアップグレードされるということだ。

 ブラウザーでは、GoogleのChrome Canaryが9月に入ってHTTP/3に対応した。ユーザーは「--enable-quic --quic-version=h3-23」というChromeのコマンドラインフラグを使用してHTTP/3を有効にできる。

 さらに、MozillaもHTTP/3に対応すると発表した。Mozillaは2019年秋にリリース予定の「Firefox Nightly」次期バージョンでHTTP/3に対応するとみられる。

 HTTP/3は、コンテンツをサーバーからクライアントのブラウザやモバイルアプリといったアプリに向けて移動させる際に用いられるプロトコルである、HTTP(HyperText Transfer Protocol)の3代目となるメジャーバージョンだ。

 HTTP v3、すなわちHTTP/3は、以前のバージョンとはありとあらゆる点で異なっている。HTTP/3は、TCPプロトコルを利用しているHTTPを完全に書き換えて、QUIC(Quick UDP Internet Connections)プロトコルを利用するようになっており、TLS(Transport Layer Security)による暗号化サポートがあらかじめプロトコル内に埋め込まれてもいる。

 HTTP/3は複数の技術を組み合わせており、いずれもウェブサイトの読み込みを高速化し、デフォルトで接続を暗号化することを目的としている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]