編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

味の素とアクセンチュア、合弁会社設立に合意

NO BUDGET

2019-11-15 17:25

 味の素とアクセンチュアは、味の素のコーポレート組織(人事、総務、広報、調達など)が持つオペレーション業務を集約し、一貫して担う合弁会社の設立に合意した。合弁会社は2020年4月に設立される。出資比率は味の素が67%、アクセンチュアが33%だ。

 社名は「味の素デジタルビジネスパートナー」とし、代表取締役社長は味の素コミュニケーションズ社長の吉宮由真氏が就く。従業員数は約300人を予定している。

 両社は戦略的パートナーシップを組むことにより、味の素単独では実現できない抜本的な業務改革を実現すると同時に、一層付加価値の高いプロフェッショナル人材の育成を実現できると判断し、合弁事業契約の締結に至ったとしている。

 新会社では、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)、アナリティクス、人工知能をはじめとするデジタル技術の活用やBPR(ビジネスプロセスリエンジニアリング)によって、業務プロセスの全体最適化を図るという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]