編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
PDF Report at ZDNet

オンラインストレージの進化と課題

PDF Report@ZDNet

2020-01-17 07:00

 企業の多くがオンラインストレージを採用し始めている。スマートフォンの普及で画像や動画など、非構造化データが急増していることが背景にある。また、工場の現場がインターネット化していく中で、モノのインターネット(IoT)やドローン、人工知能(AI)の普及により、この傾向はますます強まっていくと考えられる。

 こうしたデータを格納するに当たり、既存のストレージ基盤よりも、インターネットでつながっているという意味でオンラインストレージの方が親和性が高い。

 2019年4月には、DropboxとGoogleが「G Suite」との連携機能をオープンベータ版として提供するなど、ベンダー間の協業も始まっている。

 もちろん、課題もある。企業の各部署が自らの判断でオンラインストレージを導入すると、ガバナンスが効かなくなる「シャドーIT」の問題などがその1つだ。

 「将来の石油」ともいわれるデータの格納先として注目されているオンラインストレージに関する記事を集めた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]