編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
PDF Report at ZDNet

ITの話題を変え始めた要因、ディープラーニングを振り返る

PDF Report@ZDNet

2019-11-28 07:00

 IT活用といった場合に、最近では自動運転車や囲碁で人間に勝つソフトウェアなど、少し前までは考えられなかったような活用例が話題の中心になってきている。

 要因として、言うまでもなく人工知能(AI)が急速に発展していることが挙げられる。具体的には、深層学習(ディープラーニング)領域の発展と密接にかかわっている。

 深層学習は、人間が経験から自然に身につけるやり方で、コンピューターに学習させる機械学習の手法の1つだ。事前に定義モデルを使うのではなく、計算処理を通じて情報からそのまま学習するのが特徴と言える。

 グーグルのAIが動画を見て猫の概念を学習したといった話がメディアでも紹介されている。自動運転車でも、信号や歩行者の動き、障害物の出現の認識、自動駐車などの機能を左右するのは深層学習といわれている。

 「Siri」や「Googleアシスタント」、「Windows」の「Cortana」といった音声入力システムも、深層学習がベースになっている。

 今後のITにおける中心的な存在であるディープラーニングについて、記事を集めた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]