編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロソフト、「MCSA」「MCSD」「MCSE」認定資格の終了を2021年1月末に延期

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-03-27 12:25

 Microsoftは米国時間3月26日、認定資格のいくつかを2020年6月30日で終了するとしていた決定を見直し、延長すると発表した。資格の終了については、認定資格コミュニティーの一部から不満の声が上がっていた。

Microsoft
提供:Microsoft

 今回の措置により、発表されていた「マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー」(MCSD:Microsoft Certified Solutions Developer)と「マイクロソフト認定ソリューションエキスパート」(MCSE:Microsoft Certified Solutions Expert)「マイクロソフト認定ソリューションアソシエイト」(MCSA:Microsoft Certified Solutions Associate)の終了時期が7カ月間延長され、2021年1月31日になる。同社は理由として、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響を挙げている。

 延長を発表するブログ記事で説明されているように、Microsoftは認定試験のパートナー企業であるPearson VUEと協力し、オンライン試験監督の実施と、COVID-19によるテスト手続きの混乱に起因するスケジュールの再調整やキャンセル料の免除に対応しようとしている。

 マイクロソフトは2月に発表した通り、「ロールベースのトレーニング」への移行に向けた取り組みの一環として、3つの認定資格を終了するとしている。同社は、これらの試験に向けて勉強している人々に対し、認定資格は2021年1月31日以降は授与されなくなるため、同日までに必要な試験に合格するよう取り組むことを勧めている。また、同日までに必要な試験に合格した人々については、同日から12カ月間、その認定をパートナーコンピテンシー取得の条件として用いることができる。

 MCSAやMCSD、MCSEの認定資格保持者は資格制度終了後、最大2年間はそれら資格を使用できるものの、それ以降は「inactive」(失効)扱いとなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]