編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

マイクロソフト、「MCSA」「MCSD」「MCSE」認定資格の終了を2021年1月末に延期

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-03-27 12:25

 Microsoftは米国時間3月26日、認定資格のいくつかを2020年6月30日で終了するとしていた決定を見直し、延長すると発表した。資格の終了については、認定資格コミュニティーの一部から不満の声が上がっていた。

Microsoft
提供:Microsoft

 今回の措置により、発表されていた「マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー」(MCSD:Microsoft Certified Solutions Developer)と「マイクロソフト認定ソリューションエキスパート」(MCSE:Microsoft Certified Solutions Expert)「マイクロソフト認定ソリューションアソシエイト」(MCSA:Microsoft Certified Solutions Associate)の終了時期が7カ月間延長され、2021年1月31日になる。同社は理由として、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響を挙げている。

 延長を発表するブログ記事で説明されているように、Microsoftは認定試験のパートナー企業であるPearson VUEと協力し、オンライン試験監督の実施と、COVID-19によるテスト手続きの混乱に起因するスケジュールの再調整やキャンセル料の免除に対応しようとしている。

 マイクロソフトは2月に発表した通り、「ロールベースのトレーニング」への移行に向けた取り組みの一環として、3つの認定資格を終了するとしている。同社は、これらの試験に向けて勉強している人々に対し、認定資格は2021年1月31日以降は授与されなくなるため、同日までに必要な試験に合格するよう取り組むことを勧めている。また、同日までに必要な試験に合格した人々については、同日から12カ月間、その認定をパートナーコンピテンシー取得の条件として用いることができる。

 MCSAやMCSD、MCSEの認定資格保持者は資格制度終了後、最大2年間はそれら資格を使用できるものの、それ以降は「inactive」(失効)扱いとなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]