カシオ、従業員の自律性を育成する人材管理システムを開発

NO BUDGET

2022-03-10 10:28

 カシオ計算機は、人材データベースを一元化して戦略人事に取り組む企業に向けて、従業員の自律性を育成するクラウド型の人材管理システムを開発した。カシオヒューマンシステムズが「Hito-Compass」の名称で6月に発売する。

 Hito-Compassは、タレントマネジメントシステムを導入しても「効果を実感できない」といった企業の悩みを解決すべく、システムが提示するフローに従うことで人事施策の実行を支援する機能を搭載している。これにより、多忙な人事部門でも戦略人事のPDCAサイクルをスムーズに回すことができるとしている。

 第一弾のサービスとして、人材データベースを管理できる「Hito-Compassファインダー」と、企業ビジョンや自身のレベルに適した目標管理ができる「Hito-Compassプロミス」をリリースする。

Hito-Compassファインダーの利用画面
Hito-Compassファインダーの利用画面

 Hito-Compassファインダーは、グループ会社をまたぐ人材管理と検索が可能。基本情報や評価・スキル情報など、人事部門や部門長、所属長が必要な情報を一カ所で確認できる。検索した結果はタグをつけてグループ分けができ、タグから人材リストを呼び出せる。また滞留年数が多い従業員の異動検討に活用したり、昇格候補者の選抜などに活用したりできる。

Hito-Compassプロミスの利用画面
Hito-Compassプロミスの利用画面

 Hito-Compassプロミスは、組織目標の達成に向けて、目標設定と進行管理の質を改善する目的で利用する。部門長や所属長が上位方針を分解し、部下のスキルや志向性に合わせた書き方で割り振ることで、従業員が納得した上で日々の業務を遂行できる。社内の他者を条件で絞り込み検索でき、匿名の状態で目標内容を参照できる。自身の役割に求められるレベルの確認や、異動直後の目標設定に悩んだ時の参考情報として活用できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]