経営管理プラットフォーム「DIGGLE」に申請・承認機能--予算申請・承認をシステム上で完結

河部恭紀 (編集部)

2023-04-26 10:13

 DIGGLEは4月26日、経営管理プラットフォーム「DIGGLE」で申請・承認機能のベータ版の提供を開始した。予算案提出や追加予算・予算額変更などの申請から、経営管理部による承認までをDIGGLE上で完結できる。

 予実管理は、経営のインフラであり、事業が進むべき方向に向かっているかを確認する上で常に重要な役割を果たすとDIGGLEは説明する。財務会計と異なり、管理会計は業種・業態や事業ステージ、組織体制の変化などによって流動的に変わっていくものであり、事業部との連携が欠かせないという特徴があるという。

 このような背景から、経営企画担当者から、予実管理業務における課題感やDIGGLEに対する要望として、(1)着地見込や経営戦略との整合性を担保するため、事業部側独自の判断での予算の振り分けや見込数値の変更を防ぎたい、(2)施策への投資判断を迅速に行えるようにすることで期末になって予算がかえって余ってしまうという状況を防ぎたい、(3)予算の決済から承認、反映までの流れをワンストップで行いたいーーが挙がっていた。

 申請・承認機能により、事業部側の担当者は、予算案や追加予算・変更などの記入時に経営管理担当者に対する申請が必要となる運用が可能になる。承認者は「承認」、申請者に修正を依頼する「差し戻し」、申請が却下されアーカイブされる「却下」を判断する。「承認」の場合は申請内容が反映される。適切な運用フローを決めることで、企業ごとに適した内部統制機能の構築と見込みの正確な管理が可能になる。

画像1

 個別の申請においては、損益計算書(PL)への影響や差分を瞬時に把握した上で申請内容の是非を判断できる。業績目標や経営方針との整合性を踏まえた上でのスピーディな予算の振り分けや新規の投資といった経営判断を実現する。

 予算策定や予算の追加・変更において、申請から承認までの事業部・経営管理部間のコミュニケーションを他のツールを介さずにDIGGLEで完結させることが可能になる。また編集中・反映後を問わず変更履歴が残るため、各担当者は自身で過去の申請の見直しなどをした上で、予算案の提出や追加予算・予算額変更を申請できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]