海外コメンタリー

「ChatGPT」にロボットを考案させたら何が起きるのか

Rajiv Rao (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-09-06 06:30

 人工知能(AI)が人類を絶滅に追いやるのではないかと警鐘を鳴らす人がいる中、AIにロボットを設計させると聞けば、フランケンシュタインにターミネーターを作らせるようなもの(あるいはその逆)だと思う人もいるかもしれない。

 しかし、それがディストピアであろうがなかろうが、いずれ将来、問題解決のために機械と人間が協力する必要があるとしたらどうなのか。その協力関係はどのようなものになるのか。どちらが上で、どちらが下の立場になるのだろうか。

 アーサー・C・クラークの「2001年宇宙の旅」を片手に、Netflixのディストピアをテーマにしたシリーズ「ブラック・ミラー」のエピソードをいくつも見てきた私は、その時は機械が上の立場になる方に全財産を賭けてもいいと思っている。

 欧州の研究者が実際に行った実験では、機械と人間のコラボレーションに大きな影響を与える可能性がある、いくつかの興味深いことが分かった。

ロボットの設計に取り組む研究者の写真
トマト収穫ロボットの設計に取り組む欧州の研究者
提供:Adrien Buttier/EPFL

 オランダのデルフト工科大学で助教を務めるCosimo Della Santina氏とスイス連邦工科大学ローザンヌ校の博士課程の学生であるJosie Hughes氏は、生成AI「ChatGPT」と協力して、大きな社会問題を解決するロボットを設計する実験を行った。

 Della Santina氏は、「Nature Machine Intelligence」に掲載された論文で、「私たちはChatGPTに、単なるロボットではなく、実際に役に立つロボットを設計させようとした」と述べている。

 こうして、研究者らとChatGPTによる、人間と機械が力を合わせることで、どのようなものを設計できるかを調べるための対話が始まった。

 ChatGPTなどの大規模言語モデルは、膨大な量のテキストやデータをかみ砕いて処理し、非常に速いスピードでもっともらしい答えを出力できる強力な存在だ。

 素晴らしいことに、ChatGPTは複雑な技術情報も扱うことができるため、強力な研究アシスタントを探している人にとっては大きな恩恵になり得る。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]