Docusign、「Docusign IAM」を発表--新カテゴリー「インテリジェント契約管理システム」初の製品

河部恭紀 (編集部)

2024-04-15 11:07

 米Docusignは、独自に新しいSaaSカテゴリーのコンセプト「インテリジェント契約管理システム(Intelligent Agreement Management:IAM)」を打ち出すとともに、「Docusign IAM」およびスイートアプリケーションを発表した。

 「合意・契約はあらゆるビジネスの根幹となるものだが、契約管理の方法は過去に囚われたまま」と同社で最高経営責任者(CEO)を務めるAllan Thygesen氏は述べる。「契約管理における悪しき慣行やシステムの不備によって、世界全体で毎年2兆ドル(約300兆円)近くの経済価値が損なわれている。インテリジェント契約管理システム(IAM)はこのような状況を変え、世界中の企業がより効率的に業務を遂行し、より迅速に収益を上げられるようにする」(同氏)

 インテリジェント契約管理システムの最初のプラットフォームであるDocusign IAMは、契約管理プロセスのさまざまな構成要素をシームレスにつなぎ、AIを活用することで契約書作成のスピードアップ、交渉の強化し、契約ポートフォリオを管理するための戦略的洞察の提供を可能にする。

 「近年のAIの進歩と当社の契約分野における豊富な経験を組み合わせることで、あらゆる企業に対応可能な強力かつ新しい機能を構築することができる。Docusign IAMは、革新的な方法でお客さまに真のビジネスインパクトをもたらす」と同社の最高製品責任者(CPO)であるDmitri Krakovsky氏は語る。

 Docusign IAMにより、規模の大小を問わず、企業はシームレスな契約書の準備、締結、活用を実現する。準備では、顧客関係管理(CRM)、人的資本管理(HRM)、企業資源計画(ERP)など、全てのビジネスプロセスシステムと統合され、コラボレイティブかつ自動化された方法で契約書を作成できるという。締結では、より良い顧客・パートナー・従業員体験を提供しながら、迅速かつ安全な契約締結を可能にする。活用では、契約書に隠された重要なデータを解き放ち、その価値を引き出しながら、不必要なリスクを低減して、契約を管理することができる。

 Docusign IAMは5月下旬から米国で提供を開始し、その後、他の主要なグローバル市場に拡大していく予定。

 同社は声明で、「CRM、HRM、ERPがインターネットを活用して営業、人事、リソース管理を刷新したように、Docusign IAMのようなプラットフォームはAIを活用して契約管理プロセスを変革する」と主張。「Docusign IAMのローンチは、電子署名や契約ライフサイクル管理(CLM)分野における20年以上の実績を基盤に、当社のビジョンと戦略を大幅に拡大する」としている。

 今回の発表にともない、Docusignはロゴマークおよびブランドを一新した。

画像1

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]