編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アプリケーションキー

用語の解説

アプリケーションキーとは

(application key)
アプリケーションキーとは、Windows用のキーボードに搭載されている、メニューとマウスカーソルが描かれたキーの名称である。
アプリケーションキーは多くの場合、最下段のスペースキーの側に配置されている。 アプリケーションキーを押すと、通常は、マウスを右クリックしたときと同じ動作となり、選択中の項目に関連するコンテキストメニューが表示される。 メニューは文字キーやカーソルキーで選択できるため、ショートカットキーの組み合わせを覚えなくてもメニューの操作ができる。 ちなみに、アプリケーションキーと同時にWindows用キーボードに採用されたキーに、Windowsキーがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]