編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アプレット

用語の解説

アプレットとは

(applet)
アプレットとは、あるアプリケーションを土台とし、その上で読み込まれ実行される小さなプログラムのことである。
代表的なアプレットとしては、Webブラウザを土台とし、その上で動作するJavaアプレットを挙げることができる。 あるいは、X-Windowのデスクトップ環境であるGNOMEにおいて、パネル上で動作する小さなプログラムもアプレットと呼ばれる。 Javaアプレットは、サーバー側からクライアントマシンに配信され、ブラウザ上に読み込まれて実行される。 このため、ブラウザとHTMLの機能と表現力の制約にしばられずに、インタラクティブな動作や、より高い表現を用いることができる。 このような仕組みは、Netscape Navigatorで初めて実装され、その後Internet Explorerでも実現された。 Javaアプレットは、実行されるたびにサーバーから配信されるため、ネットワークのオーバヘッドを生じるというデメリットを持っているが、サーバーの配信元のファイルを更新すればプログラムの変更を完了させることが可能であり、クライアントマシンごとの再インストールなどを必要としないというメリットを持っている。 また、Javaアプレットであれば、配信サイトのサーバー署名とアプレット自体への署名を用いてセキュリティの確保ができる。 一般的に、インタラクティブ性と高い表現力を持つクライアントアプリケーションをリッチクライアントと呼ぶが、Javaアプレットはそのようなリッチクライアントの一種と見ることもできる。 同様にリッチクライアントの実現手段のうちWebブラウザ上で動作するものとしては、Flash、Curl、Ajaxなどを挙げることができる。 なお、アプレットという語は、「アプリケーション」(application)と、「小さな」という意味を持つ接尾語「-let」から作られたものである。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]