編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アンチログアンプ

用語の解説

アンチログアンプとは

(Antilog Amp,Anti-Logarithmic Amplifier,)
アンチログアンプとは、増幅器(アンプ)の一種で、ログアンプによって対数圧縮された電圧を元に戻すための回路のことである。
アンチログアンプは、出力電圧が入力電圧に対する指数関数となる特性を持っている。 このため、シンセサイザーなどの電子楽器において、指数関数的な周波数変化を得たい場合などに、アンチログアンプがよく用いられる。 一般的に、アンチログアンプは温度の影響を受けやすい。 そのため、あらかじめ温度管理を行ったり、温度変化の影響を受けにくくするような回路構成をとる場合も多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]