編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

オートシェイプ

用語の解説

オートシェイプとは

(AutoShape)
オートシェイプとは、Word、ExcelやPowerPointといった「Microsoft Office」アプリケーションにおける図形描画機能で使用できる図形の分類のひとつで、矢印や吹き出しなど、ビジネス文書でよく使用される図形の総称である。
オートシェイプによって図形を形成する方法は、大きく分けて2通りある。 ひとつは、任意の形状の多角形などを作成する場合に、オートシェイプのなかから線を選択し、図形の輪郭を描く方法である。 もうひとつは、オートシェイプのなかから目的の図形を選択し、任意のサイズに指定する方法である。 オートシェイプを挿入したい場合には、[挿入]メニューから[図]にある[オートシェイプ]をクリックしてオートシェイプ用のパレットを表示させる必要がある。 ウィンドウに表れたパレットから目的の線や図形を選択し、画面上の任意の位置でクリックまたはドラッグすれば、オートシェイプが文書に反映される。 オートシェイプの装飾を設定したい場合には、目的のオートシェイプを範囲指定した後、[書式]メニューから[オートシェイプ]をクリックして表示される[オートシェイプの書式設定]ウィンドウを表示させることで、内部の塗りつぶしの色や、周囲の線の色や太さなどを任意に指定することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]