テレプレゼンス

用語の解説

テレプレゼンスとは

(Telepresence)
テレプレゼンスとは、遠隔地のメンバーとその場で対面しているかのような臨場感を提供する技術のことである。
特に、高品質な音声や高解像度の映像などを駆使した、遠隔地のメンバー同士で会議を催すためのシステムを指すことが多い。 テレプレゼンスと呼ばれる会議用システムは、ビデオ会議システムと同様に遠隔地で会議を行う用途のシステムであるといえる。 高度な技術によって直接対面しているかのような仮想現実を演出できる点に特徴がある。 大画面のディスプレイ、720pや1080pの高解像度の映像、高品質の音声などによって、等身大の人物の映像とリアルタイムにコミュニケーションを図ることができる。 テレプレゼンスを会議用ソリューションとして提供している企業としては、IBMやCisco Systems、Hewlett-Packardなどを挙げることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]