ログ

用語の解説

ログとは

(log)
ログとは、主にコンピュータの稼働状況や、サーバーのアクセス状況などに関して、履歴を記録することである。
または、そのようにして記録されたファイルのことである。 ログを出力する主なシステムとしては、オペレーティングシステム、サーバー、セキュリティソフトなどがある。 ログはテキストファイルとして出力されることも多いが、ログの種類は多種多様で、そのフォーマットもそれぞれ異なっているため、内容を読み取るのは容易ではない。 また、多量のアクセスを処理するWebサーバーやメールサーバーなどにおいては、わずかな期間で膨大なデータ量のログファイルが生成されるため、システム管理者がログファイルを直接調べて解析を行うことは非常に困難である。 そのため、通常は、ログを解析する専用のソフトウェアが用いられる。 ログを解析ことによって、Webサーバーへのアクセスの傾向や、不正アクセスの兆候、Webページの問題点などをはっけんすることができる。 なお、最近では、内部統制の整備が企業に求められる中で、ログそのものの重要性が高まるとともに、ログが改ざんされていないことを証明する必要性も高まっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]