編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

AMD Athlon 4プロセッサ

用語の解説

AMD Athlon 4プロセッサとは

(Mobile Athlon 4,モバイルAthlon 4,アスロン4,Athlon 4,)
AMD Athlon 4プロセッサとは、AMD社のAthlon(開発コード名は「Palomino」)の後継として登場した32ビットマイクロプロセッサである。
AMD Athlon 4プロセッサは、先代のAthlonと同じ0.18μmプロセスで製造されており、クロック周波数が850MHz~1GHzとなっている。 128KBの1次キャッシュと、256KBの2次キャッシュを搭載している。 また、Intelのマルチメディア拡張命令セットであるSSEに対応している。 従来のAthlonに比べて特に電力消費量の改善が行われており、Athlonとしては初めてノートパソコンへも搭載できるようになった。 ちなみに、Athlonプロセッサ「Palomino」はシリーズ初代であり、後継のAMD Athlon 4プロセッサが2代目の製品に当たる。 Athlonプロセッサの次に「Athlon 2」「Athlon 3」は存在しない。 これはIntel社のPentium 4に対抗するという商戦略に基づいた命名であると言われている。 また、Athlon 4プロセッサはノートパソコン用の製品であるが、後にデスクトップ向けのPalomino製品「Athlon XP」プロセッサがリリースされている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]