編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

APM

用語の解説

APMとは

(エーピーエム,)
APMとは、1993年にIntelとMicrosoftによって提唱されたパソコンの電源管理に関するインターフェース仕様のことである。
APMは、BIOSが主導権を握っており、BIOSへの呼び出しにより提供される。 ハードウェアには依存しないが、OSからは積極的な関与ができないなど、システム全体を考えると必ずしも使い勝手がよいインターフェースとは言えなかった。 APMは、Windows 98までの電源管理方法に使われたが、1996年のバージョン1.2を最後にACPIに置き換わっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]