編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Averill

用語の解説

Averillとは

(アヴェリル,エイブリル,)
Averillとは、Intel社が開発したマイクロプロセッサ・アーキテクチャーの開発コード名である。
Intelでは、1960年代から1970年代までの創業初期をメモリ中心の時代「Intel 1.0」、1980年から1990年代の期間をマイクロプロセッサ中心の「Intel 2.0」時代とし、2000年代以降はプラットフォームを中心とした用途指向型コンピューティングの時代、「Intel 3.0」であると位置づけている。 そのためのプラットフォームとしては、エンタープライズからホーム、モバイル、など5つのパターンが想定されている。 Averillは、このうちエンタープライズ用途に向けて用意されるものである。 ビジネス向けのアーキテクチャーである「デジタル・エンタープライズ」(Digital Enterprise)は企業用途向けで、デスクトップパソコンを中心としてサーバーなどを含む。 「デジタル・ホーム」(Digital Home)は家庭用パソコンから家庭電化製品への組み入れを含む。 「モビリティ」(Mobility)はノートパソコンのように携帯運搬が可能であるタイプのものである。 Averillプラットフォームは、ビジネスデスクトップ分野について提供される。 CPUにはデュアルコアのマイクロプロセッサ「Presler」をはじめとする次世代ハードウェアで構成され、PC管理技術「AMT」や、仮想化技術「Virtualization Technology」を実装する。 従来製品と比べ性能は2倍以上、ワット当たりの性能では3.5倍に向上するといわれている。 プロセッサ、チップセット、ネットワーク、ネットワーク・ドライバがセットで供給されることになるとされる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]