LiveCD

用語の解説

LiveCDとは

(ライブシーディー)
LiveCDとは、CDなどの記憶媒体からプログラムを読み込ませることで、OS(オペレーティングシステム)をコンピュータにインストールせずにOSを起動することである。
そのような方法でOSが起動できる記憶媒体のことを指す場合もある。 一般的なOSは、あらかじめプログラムをコンピュータの外部記憶装置に保存し、インストールすることで利用可能となっている。 LiveCDでは、プログラムを保存したり、インストールしたりする必要がなく、容易にコンピュータリソースが使用可能な環境を用意できる。 今日のLiveCDは、KNOPPIX、Ubuntu、Fedora、CentOSなどのLinuxディストリビューションをはじめとして、多くのOSにおいて実現されている。 Linuxだけでなく、WindowsやMac OS、OpenSolarisといったOSをベースとしているLiveCDもある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]