編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

TPC-C

用語の解説

TPC-Cとは

(ティーピーシーシー,)
TPC-Cとは、業界団体のTPC(Transaction Processing Performance Council)によるオンライントランザクション処理のベンチマークの方法のことである。
処理性能や価格性能比などの指標を表す。 TPC-Cは、実際の業務を想定して、tpmC(1分間あたりに処理可能なトランザクション数)と、それの価格性能比の$/tpmCで表される。 TPC-Cでは、マシンやデータベースなどの能力を定量的に評価することが可能で、メーカー各社は、この数値を良くすることを競っている。 なお、TPC-Cは、TPC-A、TPC-Bと改良を重ねたものであり、2007年12月現在も改良が進んでいる。 TPC-Cの最新バージョンは、2007年6月にリリースされた5.9である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]