編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows 1.0

用語の解説

Windows 1.0とは

(Microsoft Windows 1.0)
Microsoft Windows 1.0とは、Microsoftが1985年に発売した、Windowsシリーズの最初のバージョンとなるソフトウェアである。
Windows 1.0は、Microsoftのキャラクタベースのオペレーティングシステム(OS)であるMS-DOS上で、グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を実現するオペレーティング環境として登場した。 Windows 1.0単体で今日のOSの機能を果たしたというよりも、MS-DOSの機能拡張のようなものとして動作していたといえる。 MS-DOSはコマンドライン入力で動作する(CUIの)OSであったが、Windowsの登場によって、グラフィカルな表示やマウスによる操作などが実現可能になった。 Windows 1.0では、電卓やノートパッド、時計といったいくつかのアプリケーションが備わっており、各アプリケーションを同時に複数起動して、ウィンドウを画面上にタイル状に並べて操作することができた。 現在のウィンドウズで実現されている、複数のウィンドウを重ねて表示する機能(カスケード表示)は採用されていなかった。 日本でも1987年に、PC-9800シリーズ対応の日本語版Windows 1.0が発売された。 同年、米国では次期バージョンとなるWindows 2.0が発売されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]