編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows Anytime Upgrade

用語の解説

Windows Anytime Upgradeとは

(ウィンドウスエニータイムアップグレード,WAU,)
Windows Anytime Upgradeとは、Windowsのエディションを上位エディションへ簡便にアップグレードできる仕組みのことである。
Windows Anytime Upgradeでは、オンラインでライセンスキー購入し、上位エディションのWindowsを上書きインストールすることにより、アップグレードを実施できる。 その際、ユーザーの既存のカスタマイズ内容は保持できる。 Windows Anytime Upgradeは、Windows Vistaの発売と共に提供が開始された。 Windows Vistaのインストール用ディスクには最上位エディションの「Ultimate」を含む全エディションが含まれており、ライセンスキーでロックを解除すればアップグレードが可能になる。 Windows Vistaの後継となる「Windows 7」においても、Windows Anytime Upgradeが提供される。 Windows Vistaではアップグレードの際にインストール用のディスクを挿入し直す必要があったが、Windows 7ではPCにインストールされたソフトウェアの内容だけでアップグレードが可能となる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]