編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

サプライチェーンマネジメント(SCM)とは?

原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報システム。

サプライチェーンには、サプライヤー、製造業者、卸売り事業者、小売り事業者、物流会社など、さまざまな企業が関わっている。これらの企業が個別に生産量や在庫量を管理していると、余剰在庫が生じたり、需要の急増に素早く対応できず収益機会を失ったりするなどのデメリットがある。SCMは、これらの企業間で情報を共有して物の流れを効率化することにより、在庫量の最適化や納期短縮、コスト削減を可能にする。

SCMには計画系と実行系の2つの業務機能がある。計画系機能には需要予測、生産計画、調達計画、販売計画などが含まれ、実行系機能には受注管理、輸配送管理、顧客管理などが含まれる。

SCMを実現するには、さまざまなシステムを組み合わせる必要がある。例えば統合基幹業務パッケージ(ERP)は、在庫情報や納期情報を販売先と共有することにより、迅速な納期回答を実現する。また受注情報や在庫情報を工場と共有することにより、工場が必要数のみを生産することを可能にする。こうして受注から生産までの情報を連携させることにより、物流全体が効率化される。サプライチェーンプランニング(SCP)ソフトウェアは、ERPシステムなどからの実績情報に基づいて需要を予測し、生産や販売、在庫計画を立案する。これが各業務に反映されることになる。

最近では、店舗とオンラインストアなど、あらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合する「オムニチャネル」という取り組みが増えてきており、これに対応するSCMの構築が求められている。

関連記事

キーワードアクセスランキング

話題のキーワードと記事

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]