マルウェアとは?

ウイルス、ワーム、スパイウェア、ボットなど悪意のあるソフトウェアを総称して「マルウェア」と呼ぶ。悪意があるの意である「Malicous」と「Software」をつなげた造語。 ここ数年の間に、マルウェアはさまざまな感染手法を取り入れ、さらにワームがスパイウェアの機能を持ち始めたり、ワームの感染力とバックドアによる制御機能を備えたボットが出現したりと、脅威の多様化と複合化が進んでいる。 2015年ごろから、ランサムウェアと呼ぶ、身代金要求型のマルウェアも出現しており、ユーザーに脅威を与えている。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 AWS Summit

    AWS SummitはAmazon Web Services(AWS)が世界20拠点で展開するツアー。 2017年、アマゾン ウェブ サービ...(続きを読む)

  4. 4 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

  5. 5 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  6. 6 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  7. 7 de:code

    日本マイクロソフトが開催する開発者向けの年次カンファレンス。4回目となる2017年は、5月23~24日の2日間にわたり開催され、AIやIoT...(続きを読む)

  8. 8 AWS re:Invent

    Amazon Web Servicesの年次イベント。2017年は11月最終週から12月第一週にかけて米ラスベガスで開催され、「Kubern...(続きを読む)

  9. 9 エピック

    開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても捉えることができる。 ...(続きを読む)

  10. 10 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

注目のキーワード

サブスクリプションベースの価格モデル
顧客がサービスを利用する際に、一定期間単位で料金を支払う価格モデルのこと。多くのSaaSサービスで用...
続きを読む
ハイパーバイザ
単一の物理コンピュータ上で、複数のOSを稼働できるようにする仮想化技術のこと。 広義ではホスト型ハ...
続きを読む
2020年のIT
2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される...
続きを読む
プログラム(プロジェクト管理)
プロジェクト管理用語として使用する場合、一連の関連するプロジェクトを管理するために設定されるアン...
続きを読む
サービスレベル合意書(Service Level Agreement:SLA)
サービスプロバイダーが定義したサービスのレベルや責任、優先事項のほか、可用性やパフォーマンスとい...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]