ライフサイクルとは?

プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトによって生み出される成果を作るのに用いられるプロセスを指す。プロジェクトのライフサイクルには、多くのモデルがある。ソフトウェア開発の場合、ライフサイクルは例えば計画、分析、設計、構築・テスト、実装、サポートから構成されているかもしれない(これは、「ウォーターフォール型」のライフサイクルの例だ)。他のライフサイクルの例には、反復型開発、パッケージ実装、研究開発などがある。これらのライフサイクルモデルは、プロジェクトの成果物を作るためのアプローチを示している。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

  4. 4 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  5. 5 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  6. 6 Gartner Symposium

    IT調査会社のガートナージャパンが開催するイベント。CIOをはじめとする ITリーダーが一堂に会する世界で最も重要なITイベントと同社は説明...(続きを読む)

  7. 7 Oracle OpenWorld

    米Oracleが毎年秋に実施している年次カンファレンス。9月もしくは10月にかけて、米サンフランシスコで開催される。...(続きを読む)

  8. 8 Microsoft Inspire

    米Microsoftがパートナー向けに展開するイベントで、2017年は米国ワシントンD.C.で開催した。2016年までは「Micros...(続きを読む)

  9. 9 企業買収

    ある企業が他社の株を支配的な保有数まで買い占めること。(合意による)友好的な場合もあれば、(合意を伴わない)敵対的な場合もある。...(続きを読む)

  10. 10 エピック

    開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても捉えることができる。 ...(続きを読む)

注目のキーワード

BYOD
「Bring Your Own Device」の略で、従業員の私物デバイスを業務で利用すること。業務で利用する携帯端末...
続きを読む
CEATEC JAPAN
毎年秋に千葉県幕張の幕張メッセで開催されるICTイベント。17回目となったCEATEC JAPAN 2016は10月4日か...
続きを読む
ブロックチェーン

 ブロックチェーンとは、公開鍵暗号による電子署名技術とP2P(Peer-to-Peer)ネットワーク内での、...

続きを読む
ベンチャーキャピタル
小規模でハイリスクだが大きく成長する可能性のあるスタートアップ企業に対して資金提供する投資のこと...
続きを読む
クラスタ
可用性を追求するため、またロードバランシング(負荷分散)を行うために、単一のコンピュータであるか...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]