ロッキード、AI使ったデータ分析技術を導入--衛星・宇宙航空分野で活用

NO BUDGET

2017-12-18 11:38

 ロッキード・マーティンは、多数のセンサなどから集めたデータを使って「いつもと違う動き」を自動検出することで、宇宙環境や機器性能の変化を迅速に把握しようとしている。

 NECの人工知能(AI)解析エンジン「インバリアント(不変性)分析」技術を活用する。コンピュータシステムのほか、発電所や工場、ビルなどに設置された多数のセンサから収集されるデータから、システムの振る舞いを学習・監視することで、システム自体が挙動の不整合を自動的に検知し、早期対処を可能にする。

 宇宙の気候が電子機器に与える影響などを速やかに分析することで、製品性能や耐久性の改善につなげる。「AIが宇宙飛行士と地上側の人々のための宇宙関連製品をどのように改善できるかを探求する」(ロッキード)としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]