企画広告

事例から学ぶ、資産管理の解決ポイント─多様なニーズに応える情報技術開発 - (page 2)

ZDNET Japan Ad Special

2014-10-03 12:00

多様なニーズに細かく対応できるBMC FootPrints Asset Core

 製造業のB社では、設計・製造の部門で数百台のCAD端末を利用していた。CADソフトウェアは、バージョンが異なるとデータにも影響するケースがあり、設計と製造に齟齬が生じる可能性もあるため、その管理が非常に重要だ。

 ただし同社では、現時点では限られたセクションで限られた端末・ソフトウェアを管理するという点が重要であるため、資産管理ツールのすべての機能を必要としているわけではなかった。一般的な統合型システムは高機能すぎて、ムダが多くなってしまうことが懸念されていた。

 そこでB社が注目したのが、BMC FootPrints Asset Coreのライセンス体系である。同ツールは、インベントリ管理、ソフトウェア配布、リモートヘルプ、パッチ管理、コンプライアンスといった機能ごとにライセンスが分かれており、ユーザーは必要な機能のみを導入することが可能である。もちろん、ビジネスや組織の成長、環境やニーズの変化に合わせてライセンスを追加することが容易であり、スモールスタートしたい企業にもおすすめだ。

 対象の端末が少ない間は手作業でも何とかなるだろうが、組織が拡大するにつれて負荷が増大し、管理が破綻してしまうことは稀ではない。それを懸念して、新しい端末を導入できないというケースもあるようだ。

 また建設業のC社では、8,000台の端末とエンドユーザーへ、ヘルプデスク、ソフトウェア配布、パッチ管理の3機能のみを提供している。同社もやはり、必要な機能を絞りたいというニーズから、BMC FootPrints Asset Coreのライセンス体系に着目した。同社は長年にわたってBMC FootPrints Asset Coreを用いており、段階的に機能を追加してきているユーザーの1社だ。

BMC Footprint
※クリックすると拡大画像が見られます

 また統合的な資産管理ツールの管理範囲は幅広く、管理者も相応の知識やスキルが求められる。十分に学んでいない状態で、不要に高機能なツールを導入しても、使いこなせたものではない。企業によっては、運用担当者のスキルアップに合わせて、計画的に機能を強化していくケースもあるという。

 こうした時代のニーズやIT戦略に合わせて、ステップ・バイ・ステップで機能を強化していくことができるのも、BMC FootPrints Asset Coreの特長の1つだ。

 追加ライセンスという面では、LANDESKの多様性も劣るものではない。LANDESKユーザーである建設業のD社では、ITILベースのヘルプデスク業務を強化したいというニーズから「LANDESK Service Desk」を追加した。IT部門のエンジニアだけでなく、サポートデスクの担当者もLANDESKを活用して、スムーズなインシデント対応とサービスレベルの可視化を実現できているとのことだ。

 資産管理ツールの導入にあたっては、何をどのように管理したいのか、目的をはっきりとさせる必要がある。今現在、どのようなものをどのように管理しているのか、時間をかけて棚卸することも必要であろう。さらに重要なことは、どのような体制で運用していくかという点である。ご承知のとおり、運用体制の検討は、経験がないと難しい。

 情報技術開発は、さまざまな規模や業種の企業に資産管理ツールを提供し、運用設計から構築まで手がけてきた長年の経験を持っている。国内で17万ノードへの導入実績を誇り、数万ノードから数千・数百ノードの環境まで、幅広いニーズに応えてきた。すべてをワンストップで提供するサポート力から、同社の扱う製品を愛用している企業も少なくない。LANDESK Management SolutionsとBMC FootPrints Asset Coreという特徴の異なる製品を知り尽くし、ニーズに最適なソリューションとして提供できるのも魅力の1つだ。もし資産管理について課題があるのであれば、まずは情報技術開発に相談してみるというのも一計であろう。

IT資産管理・エンドポイントセキュリティ対策をスマート且つシンプルに!
IT資産管理・エンドポイントセキュリティ対策をスマート且つシンプルに!
大規模環境かつグローバル対応ができるIT資産管理とは?
大規模環境かつグローバル対応ができるIT資産管理とは?
PC資産の調達から廃棄までワンストップでマネジメント!
PC資産の調達から廃棄までワンストップでマネジメント!
『所有から利用へ』サービス提供型での即時活用可能なIT資産管理ソリューションとは?
『所有から利用へ』サービス提供型での即時活用可能なIT資産管理ソリューションとは?

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]