編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

東芝、携帯電話からPCを遠隔操作できるシステムを開発

永井美智子(CNET Japan編集部)

2005-01-18 17:38

 東芝は1月18日、携帯電話からPCを遠隔操作できるシステム「ユビキタスビューア」を開発したと発表した。これにより、PCに届いたメールを携帯電話で閲覧したり、PC内のファイルを変更したりすることが可能となる。3月までに製品化を目指すという。

 今回開発したシステムは、1)au向けのBREWアプリ、2)データの圧縮などを行うPC用ソフト、3)ユーザー認証を行うゲートウェイサーバ、4)PCを起動するサーバの4つからなる。データはすべてSSLによって暗号化され、携帯電話のサブスクライバID(携帯電話の端末ごとに割り付けられる固有ID)による認証と、ワンタイムパスワードによる認証が行われる。認証はゲートウェイサーバが行うため、インフラの増設やセキュリティポリシーを変更することなく、企業内のPCに社外からアクセスして操作できるという。

「ユビキタスビューア」の画面。PCと同じ画面を表示できる

 携帯電話をPCのように利用するものとしては、miniSDメモリーカードに保存したファイルを表示できるシャープのドキュメントビューアーや、PC用サイトが閲覧できるOperaなどのフルブラウザがあった。しかしこれらは「基本は見るだけであり、データの編集などはできなかった」と東芝 ソフトウェア技術センター 所長の青山光伸氏は指摘する。今回のシステムはPCを遠隔操作するため、ファイルの編集などが可能となる。

 東芝 ソフトウェア技術センター 技術開発第二担当 主査の清水伸夫氏によると、独自の圧縮処理技術を開発したことで今回のサービスが可能になったという。auの定額制では1日あたりの通信量に制限があり、「従来の圧縮技術では1日10分程度しか利用することができなかった」(清水氏)。新たに開発した技術ではデータを3%以下に圧縮できるようになったとのことだ。

 ウェブブラウザやマイクロソフトのWord、PowerPointなどほとんどのアプリケーションに対応する。ただし動画再生やサウンド再生には対応していない。

 東芝では大企業に対して今回のシステムを納入していく。また、KDDIと組んで月額課金の一般向けサービスを展開していく考えもあるという。

 BREWアプリを使うため、対応端末はauに限られる。CDMA 1x WINの定額制を前提としており、東芝製のW21Tなど、メモリ領域が3MB以上ある機種が対象となる。NTTドコモやボーダフォンへの対応も計画中としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]