編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

IRI、JPIXの第三者割当増資を引き受け持分法適用関連会社に

エースラッシュ

2005-04-06 15:30

 インターネット総合研究所(IRI)は4月6日、同社が現在11.1%を出資する日本インターネットエクスチェンジ(JPIX)が4月11日に実施予定の第三者割当増資を引き受け、IRIの持分法適用関連会社とすることを発表した。

 JPIXは、日本初となるインターネット業者間の相互接続サービス拠点だ。今回の第三者割当増資引き受けは、IRIグループとの連携関係をさらに強化し、両社がシナジー効果を一層発揮することを目的としたもの。第三者割当増資によってJPIXが発行する株式数1800株のうち、IRIが引き受ける株式数は650株で、増資後のIRI出資比率は17.4%となる。

 2005年6月期のIRI業績(連結)に与える影響としては、JPIXが増資前に実施する配当に対して持分法を適用するため、持分法による投資利益2900万円(営業外収益)を見込んでいる。

インターネット総合研究所
日本インターネットエクスチェンジ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]