編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

富士通が高可用性を意識したItanium 2サーバを出荷

日川佳三(編集部)

2005-04-06 17:55

 富士通は6月、チップセットを含む部品の2重化など高可用性を目指したItanium 2搭載サーバ「PRIMEQUEST」を出荷する。価格はCPUを16個まで搭載可能なPRIMEQUEST 440が2180万円から、32CPUまで拡張可能な同480が4180万円から。今後3年間で全世界で1万台、1500〜2000億円の売上を見込む。

 ユーザーがPRIMEQUEST上で利用可能なOSは3種類で、Red Hat Enterprise Linux搭載機が6月末の出荷、Windows Server 2003搭載機と欧州向けのNovell SUSE LINUX Enterprise Server搭載機が9月末の出荷となる。ユーザーから見て、Solarisが動作するRISC Unix機(SPARC搭載機)のPRIMEPOWERシリーズを含め、高可用性サーバの選択肢が広がる。

PRIMEQUEST

 物理パーティションの構成単位は、1枚にCPUを4個まで搭載するシステム・ボードである。システム・ボード間はメッシュ型のクロスバ・スイッチで接続する。単一のシステム・ボードまたは複数のシステム・ボードを論理的に1台のSMPサーバ機として使う。すなわち、PRIMEQUEST 480の場合、積載可能な8台のシステム・ボードを、論理的に1〜8台のサーバとして利用できる。

 ベンチマーク値は現在検証中であり、6月以降、明らかになる。筐体の外形寸法は、幅738×高さ1800×奥行1100ミリ・メートルで、重量はPRIMEQUEST 480で最大720キロ・グラム。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]