編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

富士通が高可用性を意識したItanium 2サーバを出荷

日川佳三(編集部)

2005-04-06 17:55

 富士通は6月、チップセットを含む部品の2重化など高可用性を目指したItanium 2搭載サーバ「PRIMEQUEST」を出荷する。価格はCPUを16個まで搭載可能なPRIMEQUEST 440が2180万円から、32CPUまで拡張可能な同480が4180万円から。今後3年間で全世界で1万台、1500〜2000億円の売上を見込む。

 ユーザーがPRIMEQUEST上で利用可能なOSは3種類で、Red Hat Enterprise Linux搭載機が6月末の出荷、Windows Server 2003搭載機と欧州向けのNovell SUSE LINUX Enterprise Server搭載機が9月末の出荷となる。ユーザーから見て、Solarisが動作するRISC Unix機(SPARC搭載機)のPRIMEPOWERシリーズを含め、高可用性サーバの選択肢が広がる。

PRIMEQUEST

 物理パーティションの構成単位は、1枚にCPUを4個まで搭載するシステム・ボードである。システム・ボード間はメッシュ型のクロスバ・スイッチで接続する。単一のシステム・ボードまたは複数のシステム・ボードを論理的に1台のSMPサーバ機として使う。すなわち、PRIMEQUEST 480の場合、積載可能な8台のシステム・ボードを、論理的に1〜8台のサーバとして利用できる。

 ベンチマーク値は現在検証中であり、6月以降、明らかになる。筐体の外形寸法は、幅738×高さ1800×奥行1100ミリ・メートルで、重量はPRIMEQUEST 480で最大720キロ・グラム。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]