サン、Niagaraチップ搭載サーバの出荷を優先か

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年04月28日 19時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsが、今後登場する2つのサーバ製品の優先順位を入れ替え、より先進的なNiagaraプロセッサを搭載したシステムを先に出すことになりそうだ。

 Niagara搭載サーバの出荷は、Sunにとって大きなメリットがある。同社ではSparcプロセッサに競争力を持たせ続ける方法を模索しているが、スケジュール通りに新プロセッサを投入することが困難になっている。だが、Niagaraのスケジュールを前倒しすれば、どちらかというとこれまでのプロセッサに近いUltraSparc IIIi+チップの出荷が遅れることにもつながる。

 「IIIi+より先にNiagaraをリリースするかもしれない」と、SunのAndy Ingram(Sparcサーバ担当マーケティング・バイスプレジデント)は米国時間27日に行われたインタビューで語った。「Niagaraを前倒しして市場に投入すれば、われわれにとっても、顧客にとっても、さらに大きなメリットがあると思う」(Ingram)

 Niagaraを優先すれば、Sunの売上も増加するはずだと、Insight64のアナリストNathan Brookwoodは言う。「SunがNiagaraのスケジュールを前倒しして、今年度内に出荷できれば、同社にとって非常に大きなプラスになるだろう」(Brookwood)

 「まず、同社がNiagaraの開発プログラムできちんと進めてきたことが、それで証明される。さらに、顧客も同チップ搭載システムの評価が可能になる。NiagaraがSunの主張する通りの 性能を発揮するようなら、非常に高性能で消費電力がかなり少ないシステムができることになる。そうしたシステムなら、新たな顧客をSparcチップに惹きつけられる」(Brookwood)

 Niagara搭載サーバは2006年に登場する予定だが、Ingramはユーザーが現在すでにプロトタイプを手にしている状態で、出荷時期を前倒しすることも可能だと述べている。「最新版は、われわれが製品を発表する2006年初頭に登場する。それは、われわれがいままで出してきたどのプロセッサよりも優れたものとなる」(Ingram)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算