マイクロソフト、古いPCに命を吹き込む新Windowsを開発中

Ina Fried(CNET News.com) 2005年05月13日 12時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間12日、古くなったマシンの継続的な使用を希望する企業のために、新しいバージョンのWindowsを開発していることを認めた。

 Eiger(開発コード名)と名付けられた同製品は、古いPCをシンクライアントとしてよみがえらせることを目的に設計されている。シンクライアントとは、情報の大部分を中央のサーバで管理する端末のことである。ただし、Eigerは従来のシンクライアントとは違い、Internet ExplorerやWindows Media Player、ウイルス対策ソフトなどのプログラムをローカルで実行するようにできている。

 MicrosoftがEigerの販売対象としているのは、新しいPCの購入が難しい、または購入を望まない顧客のうち、古いコンピュータのセキュリティが心配だったり、管理の難しさを心配していたりする人たちだ。たとえ技術的には可能であっても、古いマシンをWindows XPにアップグレードすることは必ずしも賢明な選択であるとは限らない。

 「Windows XPを起動することが可能であっても、それが快適に動作するとは限らない。たとえばPCの起動に20分もかかる場合がある」とMicrosoftのWindows Client部門でグループプロダクトマネージャを務めるBarry Goffeは述べる。「Eigerは、このような顧客のために設計されるソリューションだ」(Goffe)

 ただし、Eigerの提供開始時期は、明らかにされていない。

 Goffeによると、同製品はまだ開発の初期段階にあり、今週プレビュー版が数十社の顧客に配布されたばかりだという。Goffeは、製品の正式な発売日や価格については明らかにしなかった。

 「古いマシンを所有する顧客の大部分は、新しいオペレーティングシステム(OS)がインストールされたPCを新しく購入するだろう。しかし、なかには、財政上または会社の方針上の理由などで、新しいハードウェアを購入できない顧客もいる」(Goffe)

 Eigerは、セキュリティなど複数の面で、従来のWindowsから改善が図られている。しかし、従来のWindowsほど多くの機能を備えていないことも事実だ。Microsoftは、何十万もあるWindows用プログラムのほとんどについて、Eiger上での動作を保証しない予定だ。またMicrosoftは、Windowsユーザーの多くが利用しているであろうOfficeのサポートすら約束していない。EigerベースのPCを利用する人は、Officeなどのソフトをサーバ上で起動し、Microsoftのリモートデスクトップ用ソフトウェアや、Citrixなどから提供されるシンクライアントソフトウェアを使用してこれにアクセスすることになる。

 Goffeは、Eigerについて、古いPCを保有する企業に長期に渡って提供する予定はないと述べる。むしろ、EigerはWindows XPやLonghornへの橋渡し役を担うものになると同氏は述べる。

 「今はハードウェアを購入できないという顧客にとって、Eigerは良いソリューションになる」とGoffeは述べる。「Eigerは当座の間に合わせとして機能するように設計されているからだ。当然、最善のソリューションは、新しいOSがインストールされた新しいPCを購入することだ」(Goffe)

 また、Goffeは、Microsoftの古いOSを利用する顧客のうち、Eigerを採用する人はごくわずかになるであろうことも認めている。

 Microsoftにとっては、このEigerを出すことで、ウイルスや他の悪質なコードの餌食になる可能性の高いパッチ未適用の古いマシンを減らせるというメリットがある。また、旧型マシンを新しいものに交換する以外には安全を確保する手だてがないとの不満を抱いてきたユーザー側でも、この新OSでそうした不満が解消されることになる。

 「パッチを適用できない旧型マシンをいまでも使っているために、セキュリティの点に不満を感じる顧客がたくさん存在している」(Goffe)

 Eigerの正体は、Windows XP SP 2とWindows XP Embeddedとを組み合わせたもので、「Eiger」という開発コード名はスイスにちなんだものだ。

 Microsoftは、Eigerの動作環境として、Pentium IIプロセッサと128Mバイトのメモリを搭載したマシンを推奨している。ただし、同ソフトウェアはさらに前のPentiumチップと最少64Mバイトのメモリを積んだマシンなら動作可能になるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化