編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

プラネックス、全ポート1000BASE-T規格対応のインテリジェントスイッチ

WebBCN (BCN)

2005-05-16 10:50

 プラネックスコミュニケーションズ(久保田克昭社長)は、全ポート1000BASE-T規格に対応したインテリジェントスイッチ「SWP-0412G」(16ポート、税込参考価格7万1400円)、「SWP-0420G」(24ポート、同9万3450円)を5月中旬に発売する。

 「SWP-0412G」「SWP-0420G」は、全ポートが1000Mbpsの広帯域に対応し、さらにMiniGBICコンボポートを4ポート装備したインテリジェントスイッチ。ワイヤスピードによるスイッチ処理で、トラフィックの集中するサーバーやバックボーン接続のボトルネックを解消し、快適なネットワーク環境を実現する。また、SNMP、RMON、TagVLAN、QoS、Trunkなどの機能を搭載しており、さまざまなネットワークデザインに対応できる仕様となっている。

 その他の特徴は、(1)簡単設定可能な「WEBスマート機能」搭載、(2)端末を論理的にグループ化するVLAN機能、(3)柔軟なネットワーク構成を可能にするIEEE802.1Q TaggingVLAN、(4)スイッチ間の接続に広帯域を確保するTrunk機能――など。

 あわせて全ポート1000BASE-T規格に対応したギガビットスイッチ「SW-0222G」(税込参考価格7万8540円)を5月中旬に発売する。「SW-0222G」は、1000Mbpsの広帯域に対応するポートを24ポート、さらにMiniGBICコンボポートを2ポート装備し、快適なネットワーク環境を実現する。また、ポートベースVLAN、QoS、Trunkなどの機能を搭載し、さまざまなネットワークデザインに対応できる仕様となっている。

プラネックスコミュニケーション

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]