編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

米廃品回収業者、マイクロソフト「MapPoint Location Server」の採用を決定

Ben Charny (CNET News.com)

2005-05-17 16:57

 廃品回収業者1-800-Got-Junkは米国時間16日、「Microsoft MapPoint Web Service」の生成する地図や目的地までのルート情報にリアルタイム位置情報を組み込むべく、「MapPoint Location Server」を利用することに決定したと、Microsoftと共同で発表した。

 米国では、MapPoint Location Serverベースのサービスを携帯電話事業者のSprintが提供している。Sprintは、MapPoint Location Serverを自社のネットワークに統合し、GPS機能を搭載する電話機を販売している。

 MicrosoftでMapPointを担当するリードプロダクトマネージャのTrina Seinfeldによると、1-800-Got-JunkはMicrosoftの製品を利用することにより、ドライバーの携帯電話にさまざまな機能を持たせることが可能になるという。道に迷った場合に携帯電話のボタン1つで瞬時にルートを見つけ出す機能もその1つである。

 今回の契約は、位置情報を活用したサービスが企業各社に受け入れられ始めていることの表れでもある。だが、この技術は、一般の個人にはまだ浸透していない。1日あたり2000万枚の地図とルート情報を生成し、それを500社以上の企業に販売した実績をもつMicrosoftでさえ個人の関心を引くのに苦戦していることをSeinfeldは認めている。

 「リアルタイム位置情報サービスは現在のところ、あまり普及していない。この市場はこれから成長する」(Seinfeld)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]