編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

マイクロソフトとAT&T、企業向けのIP関連技術開発で合意

Ben Charny (CNET News.com)

2005-06-07 20:49

 シカゴ発--MicrosoftとAT&Tは米国時間6日、大企業向けに新たな技術を共同開発すると発表した。両社は今後メッセージングやワープロなどの技術に、通話サービスのような新しいインターネットアプリケーションをより緊密な形で組み込んでいくという。

 この合意によって、両社はこれまでで最も実質的な協力関係を築くことになる。なお、5年間にわたる開発契約の金銭面に関する詳細は明らかにされていない。

 より大きな文脈でとらえると、これはAT&Tが実質的に同社のグローバルIPネットワークを開放し、Microsoftのソフトウェアを利用する約650万人の開発者が、より簡単にこのネットワークを活用できるようにすることだと、AT&TバイスプレジデントのEric Shepcaroは、当地で開催中の通信業界のイベント「Supercomm 2005」で行われたインタビューで語った。

 「われわれはゲームのルールを変えていく」(Shepcaro)

 今回の合意の目的の1つは、AT&Tのインターネット電話サービスを、Microsoftがホストしている企業向けのサービスに組み込むことだ。Shepcaroはインタビューのなかで、この協力関係に基づく製品が来年までに市場に出ると述べた。

 また、この合意には、電話事業者が抱えている課題の1つを解決するという狙いもある。これらの事業者は、インターネットプロトコルを利用したVPN(仮想プライベートネットワーク)のような企業データIPサービスの利幅が薄いことに悩まされている。専門家によると、この問題は電話事業者がIP VPN関連のアドオン製品やサービスをもっと開発/販売し、利益を増やせば解決できるものだが、この明解な解決策は必ずしも簡単に実現できるものではないという。

 MicrosoftとAT&Tは同一市場の補完的な分野をビジネスの対象にしているため、両社によるこのような合意はある程度まで予測できた。Microsoftのソフトウェアが企業が購入する情報技術の分野を支配する一方で、家庭向け電話市場から撤退したAT&Tは、主に企業顧客に重点を置くようになっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]