編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ZigBee SIGジャパンが活動開始、対応製品は年内登場へ

永井美智子(編集部)

2005-09-20 18:36

 有限責任中間法人「ZigBee SIG ジャパン」は、9月13日に登記手続きを完了し本格的に活動を始めたことを明らかにした。当初は8社が参加するが、3カ月以内に約15社にまで拡大する予定だ。

 ZigBee SIG ジャパンは超低消費電力の無線通信規格であるZigBeeの普及促進や仕様の発展を目的に設立された法人だ。ZigBeeとはIEEE802.15.4をベースにした世界標準の近距離無線通信規格で、乾電池1本で半年から1年の連続駆動が可能という。2004年末にZigBee Allianceによって仕様が確定されており、年内には対応製品が市場に登場する予定という。

 設立当初から参加する企業は、NECエンジニアリング、沖電気工業、OTSL、新光電気工業、Chipcon ASジャパン、フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン、村田製作所、ルネサス テクノロジの8社。

 ZigBee SIG ジャパンの主な活動は、ZigBeeに関する市場調査及び普及活動、日本のユーザーに対する技術教育、日本市場のZigBeeに対する仕様上の要求の調査研究、 ZigBeeに関連する法令規則等の調査研究、ZigBeeに関する出版ならびに普及活動の5つ。まず9月28日に開催されるZigBeeをテーマにしたセミナーを後援し、メンバー企業各社が特別講演などを行う予定となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]