日立システム、携帯電話で遠隔地のPCを操作するアプリがFOMAにも対応

WebBCN (BCN)

2005-11-08 12:32

 日立システムアンドサービス(日立システム、中村博行社長)は、NTTドコモのFOMA M1000に対応したビジネスアプリケーション「ポータブル セキュアクライアントμ(マイクロ)VNC for FOMA M1000」を発売した。

 「ポータブル セキュア クライアントμ VNC」は、携帯電話を利用して遠隔地にあるパソコンをリモート操作するビジネスアプリケーション。メール、ワープロ、表計算ソフトをはじめ、自席パソコンから操作できるあらゆる社内システムを、携帯電話からセキュアに利用できる。携帯電話にはデータが一切残らないため、情報漏えいの心配がなく、携帯電話とは暗号化通信で通信するため、盗聴の心配もない。

 これまでau携帯電話のみ対応していたが、今回、新たにFOMA M1000対応版を発売した。価格は、SSHサーバー用ハードウェア(PC)、SSHサーバー構築作業費、購入時より1年間のハードウェア/ソフトウェア保守サポート費用を込みで、10ユーザライセンスのエントリーパックで174万円から、50ユーザライセンスで295万4000円から。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]