編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

レノボ、SOHOをターゲットとしたLenovoブランドPCを日本で発表

柴田克己(編集部)

2006-03-06 22:06

 レノボ・ジャパンは3月6日、日本におけるLenovoブランド製品の市場投入を発表した。レノボは2005年にIBMからPC事業を取得し、同年5月に日本法人であるレノボ・ジャパンを設立。これまでは、IBMから引き継いだ「ThinkPad」「ThinkCentre」といったThinkシリーズをコアブランドとして、製品開発と営業を行ってきた。

 本日発表された「Lenovo 3000ファミリー」は、レノボが全世界で展開する初のLenovoブランドの製品となり、2月下旬より英国、米国、豪州などで相次いで製品発表が行われている。

レノボ・ジャパン、代表取締役社長の向井宏之氏

 レノボ・ジャパン、代表取締役社長の向井宏之氏によれば、Lenovo 3000ファミリーのターゲットは、従業員100人未満のスモールオフィス/ホームオフィス(SOHO)市場という。中〜大規模市場においてすでにある程度のシェアを持つThinkシリーズに対し、Lenovoブランドでは、今後成長が見込まれるSOHO市場を対象に、よりバリュー(価格対性能・機能比)の高い製品を提供することで、各ブランドのセグメントを明確にする。

 レノボ・ジャパン、執行役員マーケティング担当の石田聡子氏は、Lenovoブランドのコンセプトを「SOHOの顧客に対して“ちょうどいい”製品を提供していくこと」と説明する。PCについて詳しい知識を持つ人が少ないSOHOの顧客に対し、そのタイミングで最も需要の高い構成を「おすすめモデル」として提供していく。そのため、基本的にBTOのモデルはとらないが、年に3回程度の頻繁なモデルチェンジで市場のニーズに合わせていくという。

 また、Lenovoブランドの製品には、全機種に「Lenovo Care」と呼ばれるソフトウェアソリューションを搭載する。これは、Thinkシリーズに搭載されている「ThinkVantage Technology」をベースにしたもので、ロケーションに合わせたネットワーク設定の一元管理、バックアップツール、ドライバの自動更新といったPC管理に関する各種の機能を提供する。このLenovo Careによって、PCの導入、ネットワーク接続、データ保護、サポートなどにまつわる、ユーザーの負荷を軽減するという。保守サービスやサポートはIBMによって提供される。

Lenovo 3000 J100 Small Desktop

4モデルが用意される「Lenovo 3000 J100 Small Desktop」。コンパクトサイズで、縦置きと横置きのいずれも可能だ。

 デスクトップPCの「Lenovo 3000 J100 Small Desktop」には、4モデルが用意される。価格は、モニタなしモデルの5万7540円から。

 512M/1Gバイト(拡張時最大2Gバイト)のメモリを搭載し、HDDはSATAの80G/160Gバイト。拡張スロット(ロープロファイル)はPCI×3(うち1つはモデムカード搭載)、AGP×1。本体サイズは107mm×410mm×325mmとなっており、縦置き、横置きのいずれも可能となっている。販売は本日より始まっており、出荷は3月10日に開始される予定。

Lenovo 3000 C100 Notebook

A4サイズノートの「Lenovo 3000 C100 Notebook」。Lenovoブランドの基本カラーは「シルバー&ブラック」に、ワンポイントの「オレンジ」だという。

 A4サイズノートの「Lenovo 3000 C100 Notebook」には、3モデルが用意される。CPUはインテルCeleron M 370(1.50GHz)もしくはPentium M 740(1.73GHz)。512Mバイトメモリ。HDDは40/80/100Gバイト。本体サイズは33.6mm×277.5mm×32.1-36.8mmで、重量は2.9kg。全モデルに、802.11a/b/g対応の無線LAN機能、イーサネットポート、モデムのほか、USB 2.0×4、IEEE1394×1、マルチカードリーダスロット(SDカード、メモリースティック、MMC対応)、ワイヤレスLANのオン/オフスイッチ、ビデオ出力端子(S端子)などを搭載する。

 C100の価格は8万4000円からで、販売は3月14日に開始予定。なお、Lenovo 3000シリーズのノートPCに関しては、次四半期(4〜6月)にA4ワイドサイズの「N100」、次四半期後半にB5ワイドサイズの「V100」もラインアップに加えられる予定という。

 なお、デスクトップ、ノートのいずれも、OSはWindows XP Home Edition SP2となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]