フュージョン、社員の個人用携帯電話を会社用に「変身」させるサービス

永井美智子(編集部) 2006年03月22日 17時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フュージョン・コミュニケーションズは、社員が自分の携帯電話から電話をかけた場合でも、通話料を会社請求とし、IP電話の電話番号を発信者番号として通知できるサービス「モバイルチョイス"050"」を4月1日より開始する。企業が社員に携帯電話端末を支給しなくてもよくなるため、コスト削減につながるとしている。

 モバイルチョイス"050"は、フュージョンのIP電話サービス「FUSION IP-Phone」の付加サービスとして提供する。相手先番号の前に「0037-67」をつけて携帯電話から発信すると、通話料を会社請求にできるほか、050で始まるFUSION IP-Phoneの電話番号を発信者番号として通知できる。なお、あらかじめFUSION IP-Phoneの電話番号と携帯電話番号を対応させて登録する必要がある。

 フュージョンでは2004年12月から、相手先番号の前に「0037-66」をつけることで通話料金を会社請求にできる「モバイルチョイス」を提供していた。同社によると、このサービスに対して「プライベートの携帯電話番号を業務の相手先に通知するのは抵抗がある」という意見が寄せられたため、モバイルチョイス"050"を開発したとのことだ。

 モバイルチョイス"050"を導入することで、企業は社員に対して会社名義の携帯電話を貸与する必要がなくなるため、端末の購入費用や月々の基本料金が不要となり、コスト削減につながるという。また、社員が個人で使っている携帯電話の通話料を一部負担しているような場合には、煩雑な精算業務が不要になるとしている。

 なお、各社の携帯電話やPHSに対応しており、端末による制約はない。

 モバイルチョイス"050"の初期費用は不要で、基本料金は1番号ごとに月額210円。通話料金は国内の一般固定電話や携帯電話、PHSにかけた場合は1分31.5円、フュージョンのIP電話にかけた場合は同21円、他社のIP電話宛ての場合は同26.25円となる。

 7月頃には、利用料金の上限金額の設定や利用日時の制限をする機能を提供する予定だ。これにより、社員が業務時間以外に携帯電話を利用した分については、会社に費用を請求できなくなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算