スカイアーク、複数サイトの更新情報を自動でRSS化する「SkyFEED RSSマネージャー」

目黒譲二

2006-03-24 20:05

 スカイアークシステムは3月24日、1つのシステムで複数のウェブサイトの更新情報を自動的にRSS化する「SkyFEED RSSマネージャー」と、収集したRSSを元にウェブサイトを自動生成する「SkyFEED Pro」の提供を開始すると発表した。

 SkyFEED RSSマネージャーは、システムをサーバにインストールして簡単な設定をするだけで、指定したhtmlの更新情報部分を自動的にRSS化できる。複数のRSSを1つのシステムで管理でき、登録者数や記事ごとのアクセス数が表示される「アクセスレポート機能」も実装している。

 SkyFEED Proは、SkyFEED RSSマネージャーの各機能に加え、収集した更新情報を利用してウェブサイトを自動生成する機能も実装している。

 ライセンス価格は、SkyFEED RSSマネージャーが15万7500円から、SkyFEED Proが63万円からとなっている。スカイアークシステムでは、本年度で50サイトの導入を見込んでいる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「ゼロトラスト」はもはや時代遅れ? 安全なアクセスを可能にする「ZTNA 2.0」実現方法を解説

  2. クラウド基盤

    苦節10年、Microsoft がようやくたどり着いた ユーザーのための最新ハイブリッドクラウド

  3. セキュリティ

    最適なゼロトラスト移行アプローチに役立つ、NIST/CISAの「ゼロトラスト成熟度モデル」を解説

  4. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  5. セキュリティ

    2023年版グローバル脅威レポート--サイバー攻撃の手口とレジリエンスを高めるポイントを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]