編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

EMCジャパン、バックアップソフト「EMC NetWorker」の最新版でLinuxなどに対応

ニューズフロント

2006-04-03 20:50

 EMCジャパンは4月3日、バックアップ、リカバリソフトの最新日本語版「EMC NetWorker 7.2.2」の販売を開始した。税込み価格は、Windows版およびLinux版が16万2000円から、Unix版が59万1000円からとなる。

 EMC NetWorkerは、小規模な企業や部門から、世界規模で展開するテラバイトクラスのデータセンターでも利用可能なバックアップ、リカバリソフト。独自のモジュラーアーキテクチャを採用しており、異機種混在環境において、1台のバックアップサーバで数100台のサーバやワークステーションを保護できる。

 従来の日本語版は、対応OSがSolarisとWindowsに限られていた。最新版のNetWorker 7.2.2では、HP-UXとAIX、Linuxにも対応した。さらに、Oracle、SQL、Exchange向けのモジュールも、日本語に対応可能とした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]