Linuxの消費者市場参入、成功のカギはDRM

文:Ingrid Marson(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀(編集部) 2006年04月10日 21時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボストン発--著作権保護技術のサポートを追加しないとLinuxがコンシューマー市場から排除される危険がある、とRealNetworksの幹部が主張している。

 しかし、Free Software Foundation Europe(FSFE)は米国時間4月6日、消費者はデジタル著作権管理(DRM)にデジタルメディアの利用を制限されたくない考えを明確にしているとし、この主張に異論を唱えている。

 当地で開催されたLinuxWorldで4日に講演したRealNetworksのバイスプレジデントJeff Ayars氏によると、LinuxがDRMをサポートしないと、制限付きのデジタルコンテンツが同OS上で利用できなくなり、コンシューマー市場での成功に影響が出るという。

 「LinuxがDRMをサポートしないと、エンターテイメントプラットフォームとしては最終的に専用機やWindows PCしか残らなくなる。消費者の要求するマルチメディア技術が実現できないため、Linuxの用途がサーバやビジネスに制限されてしまう」(Ayars氏)

 同氏は、MicrosoftのVistaには「Protected Media Path」「Protected Video Path」「Protected User Mode Audio」など、多数のデジタル著作権技術が実装される点を指摘した。Ayars氏は、「Linuxにも同じような対応を期待する」と語っている。Ayars氏によると、DRMシステムは別途インストールされたドライバを信用できないため、Linux OS内でのサポートが必要だという。

 しかし、FSFE会長のGeorg Greve氏は、Linuxがコンシューマー市場から排除されてしまうというAyars氏の主張に異論を唱え、ユーザーはDRMを好まない、と主張している。

 同氏は電子メールのなかで、「ソニーのrootkit事件により、DRMが消費者に受け入れられない理由や、DRMの成功事例がない理由は明確になった。AppleのiTunesでは、ユーザーが自分の曲を普通のCDに書き込み、再エンコードして簡単に共有できるようになっている。DRMは『デジタル不自由管理』だとしか説明できない。eMusic.comでは、合法的な楽曲に制限をかけずに提供している。両者に迫る人気のあるDRMプラットフォームは1つもない」と述べている。

 「幸いにも、コンシューマー市場で市場の要求を決めているのは消費者だ。そして、その答えが『DRMは不要』であることは明確だ。コンピュータの1つ1つの操作をメディア業界の管理下に置くというバカげた概念を早く排除すれば、本当の代替案をその分早く探し始められるようになる」(Greve氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化