IBM、サーバにシステムリソース使用量の計測ソフトを搭載へ

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、小林理子 2006年06月01日 19時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは、企業のIT部門やホスティング企業が、コンピュータリソースの使用量に応じた課金ができるようにするソフトウェアを同社のサーバに組み込む。ガスや電気の料金と同じように、使用量に応じた支払いができるようになるわけだ。

 IBMは米国時間6月1日、同社のx86プロセッサベースのサーバおよびメインフレームに、CIMS Lab製の計測ソフトウェアを組み込むことを発表する。CIMS Labは、IBMが2006年1月に買収した企業。さらに、2006年中に、IBMのUNIXサーバ「System p」シリーズに、同機能を組み込んで提供する予定だという。

 IBMは、「IBM Tivoli Usage and Accounting Manager(ITUAM)」と呼ぶこのシステムリソースの使用量追跡ソフトウェアについて、仮想化技術の普及の追い風になるものだと述べている。仮想化技術とは、1台のマシン上で同一ソフトウェアプログラムの複数のインスタンスを同時に稼動させることができるようにするものだ。

 IBMによればITUAMは、たとえば、複数のOSインスタンスを同時に稼動させることができるVMWareのサーバ仮想化ソフトウェアと連携して作動するという。

 また、ソフトウェアのホスティング企業がITUAMを利用すれば、1台のサーバで複数の顧客に対応し、それぞれの顧客ごとに、システムリソースの使用量に応じて課金することができると、IBMでは語っている。

 IBMのバイスプレジデントRich Lechner氏(仮想化技術担当)は、声明で次のように述べた。「仮想化の普及を阻んでいる大きな要因は、使用量を追跡して、共有しているインフラの分担コストを正確に関連部門に振り分けることができなかった点にある。あるいは、ITリソースのアウトソーシング企業の場合には、顧客に使用量に応じた料金を請求できるシステムがなかった点が問題だったのだ」

 ITUAMの米国での価格は、x86サーバ向けで599ドルから。また、メインフレームの顧客向けでは7万5000ドルになる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化