編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

全日空システム企画、データウェアハウスの効率運用でPA4を採用--処理遅延の原因究明に活用

CNET Japan Staff

2006-06-23 21:41

 ソフト開発のアクアシステムズは6月23日、全日空システム企画(ASP)がデータウェアハウス「Brain」の拡張性・信頼性・パフォーマンスを維持するために「Performance Analyzer 4(PA4)」を活用していると発表した。

 Brainは、ANAのセントラル・データウェアハウス。航空機の運行状況をはじめとするさまざまな情報を一元的に管理し、それを全社レベルで共有し、付加価値をつけて活用することを目的に構築された。

 このBrainの管理・運営を行うASPでは、日々増加するデータに対応していくための拡張性、24時間365日の信頼性、および高いパフォーマンスへの要求にこたえるべく、PA4を採用。夜間バッチ処理の突発的な遅延の原因究明や、高負荷SQLの監視、検索条件のロギングなどに役立てている。

 ASPは、全日空(ANA)グループの運行系や整備系などのシステムを構築・運営している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]