ついに結ばれたAMDとデル--両社トップ、「Oracle OpenWorld」に登場

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-10-24 13:44

 カリフォルニア州サンフランシスコ発--Advanced Micro Devices(AMD)の最高経営責任者(CEO)Hector Ruiz氏は米国時間10月23日、Oracle主催のOpenWorldカンファレンスにおいて、たとえほかの大事な発表は後回しにしても、特別ゲストをステージに呼ばずにはいられなかった。

 Ruiz氏とDellの会長Michael Dell氏が、Moscone Centerで開催中のOpenWorldに集まった参加者4万1000人の前で、共にステージに登場した。技術業界で長年接点の無かった両氏だが、AMDが「Opteron」プロセッサでDellに集中的にアピールをしたことで、今ではパートナーとなっている。

 Dell氏は、Ruiz氏の後に行った自分の講演において、AMDのOpteronプロセッサを搭載した初のサーバを発表した。

 Intelチップに比べAMDのOpteronや「Athlon 64」プロセッサを長年軽視してきたDellだが、今回2ウェイおよび4ウェイのOpteronサーバを発表したほか、AMDチップを搭載したPCについては既に発売を開始している。

 Ruiz氏は23日に行われた講演では、自社の新製品もしくは新構想は一切発表しなかったが、いつも掲げるテーマが何度となく触れられた。AMDは、ローエンドサーバプロセッサ技術においては選択肢があることを、長い時間をかけて見込み客に説明してきた。これは、同社が2003年にOpteronプロセッサを投入するまで、Intelが同市場をほぼ独占していたためだ。

 Ruiz氏は、「選択肢が増えれば競争も拡大し、競争が拡大すれば技術革新も拡大する」と語った。

 同氏はOracleのデータベースや、Opteronベースのサーバ上で動作するアプリケーションソフトウェアも称賛し、医療分野における情報技術の改善の必要性にも触れた。元全米医療情報技術コーディネーターのDavid Brailer氏は、Ruiz氏とステージで語り合う中、医療技術では標準がもっと重要な役割を果たしていく必要がある、と指摘した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]